人気ブログランキング |

Yoneto's Blog

yoneto.exblog.jp
ブログトップ
2021年 02月 15日

床のガラリ

床下暖房(床下エアコン)の例を見ると、ほとんどの場合は、床にガラリを付けたり、ダクトを設置されています。
床下の暖気を家全体、または部屋全体に循環させるためです。

床のガラリ_a0390903_21132570.jpg
この方式の場合、床下だけではなく、家全体(部屋全体)を暖める事になります。
全館空調と同じですので、家全体を温めるだけのランニングコストが掛かります。
私が設計する床下暖房には、ガラリはありません。床下だけを温めます。
ダクトやファンで部屋と循環させる事もありません。
暖気は床下に閉じ込めます。
温めるのは床下だけの最小限の空間ですので、ランニングコストは下がります。
ガラリ、ダクト、ファンなどの余分な工事も必要ないので、イニシャルコストも抑えられます。
30坪程度の住宅の場合、8畳用エアコンで十分です。
この方式で、暖かいのか不安になる方もいらっしゃいますが、建物全体が暖かくなります。
いくつかのノウハウはありますが、単純なものばかりです。
シンプルな方式ですので、壊れてもエアコンを取り換えるだけのメンテナンスで済みます。
大量生産されいている物を使い、単純な仕組みにする事で良い事がたくさんあります。



by sumai-yoneto | 2021-02-15 21:54 | 床下暖房


     蓄熱 >>